アドミッションポリシ`

匳僥何は臼今祇酎の宗慎と匳を便り、仇囃や忽H匳に廚任る匳式び忽H議?枠極議冩梢を宥じて弊順に廚任る冩梢匳を圄てます。そのため、肝のようなY|を嗤する僥伏を箔めます。
  1. 凋を恊ぶ伉を隔ち、押める繁を照う秤瓩里△詒
  2. 麿宀を尖盾しようという吭圀と月碧の娼舞、尖Qを隔っている繁
  3. 芙氏伏試で便らなければならない隈舵や祇綪惄ぁ∩遮Rある佩咾できる繁
  4. 匳僥?匳を僥ぶにふさわしいコミュニケ`ション嬬薦、f{來式び誅饒Δ魍屬辰討い詒
  5. 仇囃芙氏へのd龍?v伉を隔ち、臼今祇に廚垢誨瞞召魍屬槌
  6. 忽H議勸で深え佩咾掘⊃苫У通従塵弔夛薦を隔って伏冂にわたって僥俐に函りMめる嬬薦を隔っている繁

秘僥までに附につけておいてほしいこと

互吉僥丕で僥ぶT縮親にvする互い児A僥薦

1) 匳僥を僥するための児A僥薦塞凋親僥としての匳僥を僥するにあたって、伏麗、晒僥、麗尖式び方僥の児
 A僥薦は駅です。さらに、匳と匳僥冩梢のでは、繁との住送が児Pとなります。それを屶えるコミュニケ`
 ション嬬薦をk]するために、尖議に房深し、猜屬擦┐襪海箸里任る屎_な晩云Zと忽H議勸で深え佩
 咾垢襪燭瓩林Zの僥薦が嶷勣です。
2) 繁の猟晒や徭隼、芙氏にvする嫌レい児A岑R災術а仂燭頒蒐のg樹には、繁猟親僥の泣から宗慎?鴫押
 を尖盾することが駅勣です。そのために、徭隼親僥のほか、繁猟芙氏親僥など嫌レいI囃にvする児A岑Rが音
 辛之です。

徭らn}を冥箔し、}を盾Qする僥T

匳には伏冂にわたる徭失冩が箔められます。徭らn}を渇竃し、}泣?夘泣を盾QしていくeO議な僥徊櫃駅勣です。

徭麼議?f{議なB業と佩

チ`ム匳なしに匳はg樹できません。匳は、匳チ`ムの匯Tとして、麿宀とB亊?f{して佩咾垢襪海箸箔められます。

宗慎な伏試を僕るための児云議伏試T

繁?の宗慎を便り、押に羨ち鬚う匳となるための娼舞薦と悶薦が駅勣です。まず、徭蛍の宗慎に伉がけ、児云議
伏試Tを附につけていることが音辛之です。